Pick up contents

ナイフショップ knifewebmore ナイフシース(ナイフケース)のご紹介
ナイフシース(ナイフケース)のご紹介
ナイフショップ knifewebmore 3000円均一
税・送料コミコミのお買い得コーナー
ナイフショップ knifewebmore ヒットアイテム
当店で人気のアイテムをご紹介
ナイフショップ knifewebmore リンク集
メーカーオフィシャルサイトのリンク集
取り扱いメインブランド
BACK(バック) cold steel(コールドスチール) GERBER(ガーバー) IC.CUT(アイシーカット) LEATHERMAN(レザーマン) MCUSTA(エムカスタ) MOKI(モキ) SOG(ソグ)
BUCK COLD STEEL GERBER IC.CUT LEATHERMAN MCUSTA MOKI SOG
ナイフショップknifewebmoreが販売する海外ブランドナイフの殆どはお取り寄せとなります。

お買い上げ1万円以上で送料無料です。
全国一律送料600円!(沖縄・北海道・離島は送料1000円)
HOME»  COLD STEEL コラム»  特集コラム① COLD STEEL TRAIL MASTER SANMAI III

特集コラム① COLD STEEL TRAIL MASTER SANMAI III

COLD STEEL TRAIL MASTER SANMAI IIIの特集です。

詳細画像を交えてご紹介したいと思います。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

世界最強のボーイナイフの異名を持つ大型のナイフです。

形はシンプルで有りながら美しいです。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

ブレードです。

素材は3層鋼です。コールドスチールはこれをsanmaiと名付けてます。

硬い鋼の芯材(VG-1)を柔らかな鋼で挟んでいます。

ねじれ、曲げに強く屈強なブレードです。日本刀に近い組成だと言えます。

断面はハマグリ刃になっており、緩やかなカーブが付けられております。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

ハンドル画像です。

英語表記でkratonと呼ばれる素材です。

質感はラバーに近いです。

菱型の溝が細かく彫られナイフが手にしっくりと馴染みます。

ランヤードホールの内径は約8ミリです。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

ロゴ部分の詳細画像です。

サンマイ鋼の芯材と側材の境界線がよく解ります。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

上の画像の反対側になります。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

ガード部分の詳細画像です。

ブレードとの接合部は丁寧にロウ付けされております。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

刃先部分の詳細画像です。

3層鋼の美しい紋様がよく解りますね。

トレイルマスターはこのsanmai鋼の他にSK-5の単層鋼のモデルもあります。

フィールドでガンガンと使う場合は、SK材の方が柔らかく研ぎ直しの面で有利です。

反面、SK材はカーボンが多く含んだ素材ですので、錆には十分な注意が必要です。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

ブレードの背の部分です。

刃厚は約8ミリです。画像で見ると芯材は2.5ミリ位ですね。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

付属のシースです。

ブレードを収納する部分は0.8ミリのファイバーに布を巻きつけてあります。

OEMで当方が製作した純正シースです。

ナイロン製のシースの評判はイマイチです・・・革シースをご希望の場合は当店までご相談ください。

個人的にはガッチリとしたゴツイ革シースの方が似合うと思います。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

シースの裏側です。

ベルトループのカシメは万一ステッチを切った時の落下防止の為の物です。

Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master

商品の内容になります。

トレイルマスターはコールドスチール社のイメージを牽引する代表モデルです。

万力で挟んでグイッと曲げても折れない柔軟製と、鋭い切れ味で世界的に有名なモデルです。

「世界最強のボーイナイフ」の名に恥じないモデルだと言えます。

販売ページ:Cold Steel(コールド スチール) San Mai Trail Master