Pick up contents

ナイフショップ knifewebmore ナイフシース(ナイフケース)のご紹介
ナイフシース(ナイフケース)のご紹介
ナイフショップ knifewebmore 3000円均一
税・送料コミコミのお買い得コーナー
ナイフショップ knifewebmore ヒットアイテム
当店で人気のアイテムをご紹介
ナイフショップ knifewebmore リンク集
メーカーオフィシャルサイトのリンク集
取り扱いメインブランド
BACK(バック) cold steel(コールドスチール) GERBER(ガーバー) IC.CUT(アイシーカット) LEATHERMAN(レザーマン) MCUSTA(エムカスタ) MOKI(モキ) SOG(ソグ)
BUCK COLD STEEL GERBER IC.CUT LEATHERMAN MCUSTA MOKI SOG
ナイフショップknifewebmoreが販売する海外ブランドナイフの殆どはお取り寄せとなります。

お買い上げ1万円以上で送料無料です。
全国一律送料600円!(沖縄・北海道・離島は送料1000円)
HOME»  ごあいさつ

ごあいさつ

  • 件 (全件)
  • 1

JJナイフキット

こんにちは。

少し間隔が空きましたが・・店長の上村です。

14RIは無事出荷しました

続編書けませんでした><

楽しみにしてた方、大変申し訳ございませんでした。

 

今回はJJナイフキットを少しご紹介します。

jj's knife kit

なかなか良く出来た商品で、USA製の木製モデルです。

カシメ3か所を挿せば完成なんですが・・

精度が良すぎて3か所の穴をピッタリ合わせないとカシメは挿せません

 

 

最初、チョット苦労しました。

と言うのも、木製スリップジョイントのバネの役目をさせる為に

バネの役を担う木製パーツの穴がハンドル穴から、意図的に若干ずれてます。

製作のコツは真ん中の穴は最後にして、前後のカシメを先に挿して・・・

最後にやや力ずくで真ん中のピンを挿すと完成です。

 

 

作ってみれば解ります。

この穴ズレがバネの作用に寄与して、スリップジョイントのコツコツ感が出てます。

雰囲気が有って良いモデルだと思います。

jj's knife kit ナイフディスプレイキット

jj's knife kit

2011-10-30 10:08:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

cold steel シース

こんばんわ。

少し間が空きましたがシース製作の続編です

断面磨き工程が終わりましたので・・・まずは画像をご覧ください。

 

磨き前(段がありザラザラしてます)

磨き後(つるつるで滑らかになりました)

ナイフシース

磨きはベルトサンダー荒目で・・最初はツライチまでもっていき

2回目は細かい目で、滑らかになるまでバフ掛けします。

最後に、手でふのり処理をいたします。

ふのりを指でコバ面に塗りこんで、乾いた布で磨きます。

めちゃ、アナログ的な作業です

 

ふのりとは、海草をゲル状にした液体です。

革仕事ではコバ磨き材としてポピュラーな物です。

※革の断面をコバって呼びます。

 

このあと筆で着色して、オイル入れになります。

つづく・・・

 

2011-09-28 20:13:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

シース製作第4弾

こんにちは。

シース製作の続編です

 

まずはミシンの画像です。

手縫いですと、菱目のタガネで穴明けをしておいてから、1針づつ手縫いを施す訳ですが・・・

当店のお客様はファクトリーさんですので、生産性とコストを無視する訳にはいきません。

で、このようなドデカイミシンで1発縫いで縫製します。

針の太さは手縫い用とほぼ同一です。

このシースはコールドスチールの14RIです。

最初から解ってた人はかなりのマニアさんですね^^

今回は380本作りました。

 

このあとはシースの断面ミガキ処理へと続きます。

 

2011-09-19 09:46:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

続続これは・・・

こんばんわ。

タイトルにひねりのない店長上村です

 

まずは画像を・・・

仮組が終わってよいよミシン掛けです。

今回から画質がUP!

 

おそろしく大きなミシンでザクザクと縫製していきます

穴あけ無しの1発縫いですよ。

詳細は次回へ・・・・

2011-09-15 18:21:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

続これは・・・

こんにちは。

残暑で汗吹きまくりの店長です

 

前回からの続きです。

まずは画像をご覧ください。

 

砥石入れがシースの上に乗りましたょ。

現在はこれにスペーサーをボンドで貼りつけ作業中です。

ここまで来るとシースの形になってきましたね。

 

 

さらに明日へ続きます・・・

しかし暑いなwww

2011-09-13 16:18:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

これは・・・・

こんにちは。

店長です。

画像はシースのパーツなんですけど、何だか解ります?

 

正解は砥石入れです。

ランドールのシースには付きもののアレです。

 

ランドールのシースは作ってないんですけどね

正解の方はかなりのマニアですょ

成形後の化粧抜き前の画像になります。

 

この後の製作の様子は明日へと続きます。

最終的にはアノ有名どころのシースだと解ります^^

お楽しみに♪

2011-09-12 17:20:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1